私たちのこだわり

『ヒト』の源は『足』にある

ヒトの足は非常に複雑にできています。
片足の骨の数はなんと28個、関節は38カ所、且つ4本の*アーチを持ち、自然界で唯一かかとの骨が接地する「足」を持っています。
他の動物にはみられないこれらの特徴が二足歩行を可能にし、それが長い進化の間に巨大な脳を発達させる重要な役割を果たしました。

seimei

『健康』の源は『足』にある

「足は第二の心臓である」と言われます。
心臓や脳から最も遠いところにあって血液の流れや脳からの伝達が行き届きにくい器官です。
動作に伴う足の形の変形連続によって血行を良くする、言わばポンプのような働きをしています。
「健全な足」をサポートすることが健全な足の機能を支えそれが心身の健康の源になります。

*健康志向商品<セノ-テ>シリーズはこうした概念から研究開発されております。

  • セノーテシェイプアップスリッパ 商標登録出願済・意匠登録出願中
  • セノ-テ 商標登録特許済

※上記コンセプト内容および商品名『セノ-テ』(CENOTE)については知的所有権(著作権)及び商標登録済みです。

ネーミング<セノーテ>について

南米ユカタン半島に300年頃から数世紀間にわたり「マヤ文明」が栄えたが、その近くには水源の川がなく人々の生活を支えた「水」はどうしていたのか?大きな謎であった。調査の結果、周辺の地下水を汲み上げたと推測される“地底湖”(CENOTE:セノ-テ)の散在が発見された。
<セノーテ>が人々の生活と命を支え文化を育んだ「源」であったと言える。

会社理念

あらゆる環境問題が地球的規模で検討されるようになった現代社会では、その基本としての個人単位による自己健康管理が、重要課題になりつつあります。心とからだのケアーによって快適な生活を確保することは、現代を活きる人々のより大切なテーマとも言えるでしょう。
近年、『履物』が原因となるからだへの障害がマスメディアを通じて多角的に取り沙汰されるようになり、その社会問題化が顕著になってきました。
「健康」を考える時『履物』のもつ責任と重要性は、特にその供給者サイドにとって今後ますます認識されねばならないものと確信いたします。
より理想的な『履物』を目指して研究開発を重ねることは私たちの使命であり心とからだにフィットする履物環境を実現すべく、未来に向かって確実に一歩ずつ進んでまいります。

SDGsへの取組み

SDGsポスター

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連サミット全会一致で採択された、2030年までに達成すべき世界共通の目標です。その内容は、「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ための17の目標と169のターゲット(具体目標)で構成されています。
弊社ではSDGsが広まる以前から、寄付やボランティアによる社会貢献活動や環境保全に取り組んでいます。

creologo

株式会社クレオは持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。

▲ページ上へ